【秘密厳守!ご相談無料過払い相談センター】

債務整理(任意整理)

債務整理(任意整理)
債務整理(任意整理)金融会社に一喝!
ちょっと前の「あきらめてた自分」が怖くてしょうがないです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saimmuninni.blog52.fc2.com/tb.php/161-7f507750
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

債務 整理 相談

債務 整理 相談(任意整理)

調停の成立・効力

裁判所の関与

任意整理法は、調停委員会や裁判所が公正妥当な調停の成立に向けて

積極的に関与することを認めている。

まず、調停委員会が当事者に対し調停条項案を提示する場合には、

当該調停条項案は、特定債務者の経済的再生に資するとの観点から、

公正かつ妥当で経済的合理性を有する内容のものでなければならない(同法15条)。

調停委員会は、この意味で適切な内容の合意が成立する見込みがない場合

又は成立した合意が適切な内容のものであるとは認められない場合におい

て、裁判所が17条決定(後述)をしないときは、任意整理が成立しないもの

として、事件を終了させることができる(同法18条)。例えば、

貸主が無登録貸金業者であることが判明したような場合、貸主に債務名義を

付与するのは妥当ではないとして、事件を終了させることがある。また、

特定債務者が一部の貸主との間で他の貸主に比して極端に有利な内容の

合意をしたような場合も、公正ではないとして、事件を終了させること

がある。

調停委員会が当事者に対してあらかじめ調停条項案を提示し、

出頭することが困難であると認められる当事者(遠隔の地に居住している

など)があらかじめその調停条項案を受諾する旨の書面(受諾書面)を

提出しているときは、その当事者が期日に出頭しなくとも、他の当事者が

期日に出頭してその調停条項案を受諾すれば、当事者間に合意が成立した

ものとみなされる(同法16条)。

任意整理を確実に成立させることができる手法として多用された時期も

あったが、当事者双方との調停条項案の摺り合わせや受諾書面の取付け

のために裁判所が膨大な事務を要求されるため、2003(平成15)年ころまで

にはほとんど用いられなくなった。

調停委員会は、当事者の共同の書面による申立てがあるときは、

件の解決のために適当な調停条項を定めることができる(同法17条1項、3

項)。調停条項の定めが当事者双方に告知されたときは、当事者間に合意が

成立したものとみなされる(同条4項、6項)。

これは、調停委員会による一種の仲裁であるが、17条決定(後述)による

方が簡便であるため、実務上は利用頻度は高くないようである。

裁判所は、調停委員会の調停が成立する見込みがない場合においても、

相当であると認めるときは、職権で、事件の解決のために必要な決定をする

ことができる(任意整理に代わる決定。実務上、17条決定(じゅうななじょ

うけってい)と呼ばれる。同法22条、民事調停法17条)。

この決定に対して、当事者が決定の告知を受けた日から2週間以内に異議を

申し立てなければ、この決定は、裁判上の和解と同一の効力を有する

(同法18条)。この決定についても、前述の内容の適切さが要求されている

(任意整理法20条、17条2項)。

任意整理に代わる決定は、任意整理の成立事由の事実上の原則形態となって

いる。これは、手続が簡易迅速であること、裁判所の事務処理基準を正面か

ら条項に反映させ得ること、貸主側の内部決裁を得やすい(調停担当者の判

断で譲歩したというよりも、裁判所が譲歩を要求したという方が、決裁権者

の理解を得やすい)ことなどによるものであろう。

調停の効力

当事者間に合意が成立し、これを調書に記載したとき、又は17条決定の

異議申立期間が経過したときは、調書の記載又は決定は裁判上の和解と

同一の効力を有する(任意整理法22条、民事調停法16条、18条3項)。

任意整理の不成立により事件が終了し(任意整理法18条1項)、又は異議の

申立てにより17条決定が効力を失ったときは、従前の債権債務関係がその

まま存続することになる。もっとも、申立人が事件が終了した旨又は

異議申立てがあった旨の通知を受けた日から2週間以内に調停の目的と

なった請求について訴えを提起したときは、調停の申立ての時に、

その訴えの提起があったものとみなされ(同法20条、民事調停法19条)、

遡って時効の中断が生じたり(民法147条1号、149条)、手数料の一部を

納めたものとみなされたりする(民事訴訟費用等に関する法律5条1項)。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saimmuninni.blog52.fc2.com/tb.php/161-7f507750
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
カードが必要な方!
多重債務、債務整理中でも、 カードが作れます。
☆日本初登場☆
[VISAデビット]

プロフィール

消費者金融に ”渇”

Author:消費者金融に ”渇”
借りたものはきっちり返しています。
プライドですよ、プライド!

最近の記事
スポンサードリンク
楽天でお買い物する。

楽天で探す
楽天市場
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。